浮気調査から離婚の際、慰謝料請求・共有財産分与で損せずできる限り増額するための弁護士の使い方・証拠材料集めやその他準備まとめ

      2016/05/02

離婚の際に慰謝料や財産分与額を決める

パートナーの浮気が原因で離婚することになったとき、相手に対して慰謝料を求めたり、共有財産を分与するなどして、お互いが合意して離婚届けに押印することになります。このとき、分与額をどちらがどのくらい受け取るかで話がもつれる場合があります。浮気が原因で離婚し、財産分与をするためには浮気があった事実を証明し、パートナーが認めることや、浮気の常習性などを争点にして話を進めることになります。夫婦のあいだで決着がつかない場合には、調停や裁判に訴えることになりますが、そのときに重要なのが、調停委員や裁判官を納得させるだけの証拠資料ということになります。

ここで弁護士や探偵事務所などに依頼して、どんな証拠をとればよいか、その証拠をどのタイミングで使って、相手を論破するかがポイントになってきます。離婚問題で弁護士を雇う場合は、法的な戦略も必要になってくるので、信頼できる弁護士、探偵事務所などと連携して、自分の希望する条件を勝ち取るべきです。

離婚調停・離婚裁判とはどんなもの?

パートナーの浮気が原因による離婚調停や離婚裁判とはどんなものでしょうか。まず、被告(浮気をされた側)が原告(浮気をした側)に対して家庭裁判所内にある調停室に出廷するよう求めます。あらかじめ、調停を行う手続きを済ませて、家庭裁判所から通知が来るので、指定された日時に家裁へ行き、調停を開始することになります。裁判のときも同様に、家庭裁判所で開廷されるため、指定日に出廷する、もしくは弁護士に任せるということになるでしょう。

調停では、調停委員に対して自分の主張を訴えていきますが、ここで、協議離婚に至らなかった(話が合意せず結論が出ていない点)を伝えていきます。財産分与や慰謝料が争点になっている場合は、その金額の折り合いがつかないというケースですから、自分の希望する金額を提示していきます。そこで、その金額が妥当であるかどうか、財産以外で話を解決する手段がないかなどを調停委員が探っていきます。

財産分与で希望条件を通すためにはどうすればいい?

例えば、40代の会社役員の旦那さんが職場の女性と浮気をしたことが原因で、離婚することになった場合。奥様が2人の預貯金2000万円に対して、半額の1300万円を要求したとします。これに対して旦那さんは断固拒否して、奥様に渡す財産は500万円が限度だと主張しました。このケースでは、浮気の原因によって離婚になっていますが、奥様はパート労働者であり、財産のほとんどは旦那さんが形成したものとなっています。共有財産を分配するには、夫婦がそれぞれ、財産にどの程度貢献してきたかが重要なポイントになります。
その他にも分与額が決まるポイントは多数あり、その度合いによって金額が変わってくるのです。

共有財産と慰謝料の金額を決めるポイントとは

まず、財産に対しての貢献度があげられるでしょう。上記の例のとおり、どちらがどのくらい財産を形成したかがポイントになります。ただし、浮気が原因で離婚するに至った場合は、ほとんどが折半(5:5)になるといわれています。これを踏まえ、1000万円に分配した財産にどのくらい上乗せされていくのかが以下のポイントになってきます。

結婚年数の長さも影響します

結婚年数が長ければ長いほど、夫婦としての信頼関係を築いてきたことになるでしょう。
浮気はこの信頼に対する裏切り行為ともいえるものですから、年数に応じて分配額が増額される可能性があります。さらに、奥様は家庭内のことをするために、パート労働者として働いてきたため、自分が正社員として働くチャンスを逸してきた事実があったとします。
これは、奥様が自分の財産を形成できた可能性がなくなり、その分の時間と労力を旦那さんのために費やしたととらえることができます。その時間と労力、形成できたはずの財産を考慮して、分配額が増減してきます。

まずは、気軽に無料相談してみよう…

夫婦仲はどうだったか

夫婦仲が以前から冷え込んでいて、すでに家庭が崩壊していたとなれば、離婚の可能性は予測できたことになります。しかし、浮気が突発的なものであり、突然家庭と夫婦が崩壊してしまったような場合。夫婦の先行きが、ある日突然断たれたことになるため、浮気は予想だにしないトラブルとなるでしょう。これは奥様に対する精神的なダメージが相当大きく、それを保障するために金額を上乗せするという方法をとる場合があります。

原告は社会的にどんな立場か

奥様が専業主婦やパート労働者などの場合。突然の離婚問題は、人生の死活問題に直結していきます。これからの自分の生活をどうするか、何も保障がないまま別れることになるので、今後の当面の生活費などを共有財産の中から増額して分配することがあります。この他にも分与額を増減させるポイントはありますが、各家庭で状況が違ってきます。こういったポイントをどれだけ提示して、調停委員や裁判官を納得させられるかが、分与額を増やせるかにつながっていくのです。

慰謝料についても同じことが争点になります

慰謝料についても、上記のポイントが当てはまります。慰謝料は精神的な苦痛に対する賠償額のことですから、奥様が受けたダメージがどれだけ大きかったかを証明することができれば、慰謝料も増額されていくでしょう。

財産分与額や慰謝料を増額させる弁護士の使い方とは

調停や裁判の際、弁護士を雇って分与額を上げていくには、上記のようなポイントを具体的かつ詳細に上げていき、被告を論破できるかが重要になってきます。家事事件に強い弁護士はこの証拠収集に長けていますから、増額できるようなポイントをあげていき、法廷で裁判官を納得させられる証拠をあげていきます。弁護士と接触するにも、まずは無料相談をすべきでしょう。

一般的な家庭では、弁護士を雇って離婚問題を解決するのは稀ですが、無料相談をして、現在の自分が置かれている状況を説明し、どのくらいの財産分与を受けられるか、その相場を聞いてみることは絶対に必要です。弁護士がはじきだした分与額に対して、弁護士費用にかなりの余裕ができ、それを支払っても譲れない金額があるのならば、弁護士を雇って調停や裁判で戦うというのも方法のひとつです。また、浮気が原因で離婚する場合は、探偵事務所も弁護士や行政書士と提携していますから、家事事件に強い弁護士を紹介してもらうこともできます。

浮気調査に対する証拠や資料収集とは

浮気調査では、裁判上で認められる離婚理由にあたる「配偶者に不貞行為があったとき」という条文どおりの証拠をおさえる必要があります。旦那さんが浮気をしているなら、旦那さんと浮気相手が肉体関係を持っていることを証明する必要があるのです。2人でデートしていたなどの現場を撮影しても、浮気の直接的な証拠にはなりません。2人がラブホテルや宿泊施設に泊まっていたことを類推させる情報こそが、「不貞行為」を証明することになるのです。

このほか、財産分与額を上乗せさせるために、浮気の常習性や相手との親密度などを証拠として押さえる必要があるでしょう。希望する金額に対して、どれだけの証拠や情報が必要になってくるかは、弁護士の判断に委ねられるので、それを明確に指示できる弁護士や探偵事務所と連携して、離婚問題を解決していくべきです。また、2人にとっての財産はすべてが正の財産(預貯金)とは限りません。負の財産(住宅ローンや子供の奨学金、その他事業に要した借金など)もあるので、分与額を増額させるだけでなく、負の財産から支払い義務を逃れるというのも、財産分与のひとつといえます。これらの財産に対する証明は家庭内にある資料をすべて揃えておく必要があるので、弁護士と相談して指示を受け、解決していきましょう。

まずは、気軽に無料相談してみよう…

人気の口コミ

キャプチャ 1
原一探偵事務所の情報・口コミ

原一探偵事務所の口コミ・感想 ★★★★★ 5.0 あいんしゅたいんさん 東京在住 ...

キャプチャ 2
HAL探偵社の情報・口コミ

HAL探偵社の口コミ・感想 ★★★★★ 5.0 髙橋太郎さん 男性、30代、埼玉 ...

キャプチャ 3
総合探偵社TSの情報・口コミ

総合探偵社TS ★★★★☆ 4.0 たかとさん 男性、40代、東京在住 前に他の ...

キャプチャ 4
ガルエージェンシーの情報・口コミ

ガルエージェンシーの口コミ・感想 ★★★★☆ 4.0 翔さん 男性、30代、愛知 ...

「浮気調査」安心して依頼できる探偵ランキング[全国対応]

原一探偵事務所(業界大手の超安心感)

SNSで浮気発見

 評価 ★★★★★ 5.0
 対応エリア  全国対応
 調査実績  8,000件以上
 営業所数  全国16拠点
 料金(参考)  120,000円~/1日

36年の実績で業界最大手の原一探偵事務所。積み重ねてきた実績と独自のリサーチ力、経験豊かな調査員が確かな技術と心で依頼者をサポートをしてくれます。浮気調査・人探し・ストーカー対策などを日本全国規模のネットワーク、経験豊富な人間力で、依頼者一人一人のご事情に合わせてお悩みを解決することが可能。
無料相談が24時間365日受け付け可能なので、忙しい人にも安心です!

原一探偵事務所の口コミ・感想

★★★★★ 5.0
あいんしゅたいんさん
東京在住
初めて浮気調査を依頼しました。親身に色々話を聞いていただき、1人で悩み抱え込んでいたのでとてもすっきりしましたし私は1人じゃない味方がいるんだととっても嬉しかったです。結果も満足なものになりました。また何かありましたらこちらにお願いしようと思います。
★★★★★ 5.0
sottoさん
女性、30代、大阪在住
初めて浮気調査をお願いしたのですが、親身になって相談にのってくれました。正直、テレビの影響か探偵が少し怪しい業界かと思っていたのですが、しっかりとした会社という感じで安心しました。結果的に多くの証拠が出てしまい、離婚することになったのですが、証拠がしっかりあったため、すんなりと離婚ができたので、とても感謝しています。

総合探偵社TS(とにかく親身な探偵)

総合探偵社TS 慰謝料請求・養育費・親権獲得
 評価 ★★★★☆ 4.0
 対応エリア  全国対応
 調査実績  非公開
 営業所数  東京1拠点
 料金(参考)  16,200円~/1時間

24時間受付なので、パートナーがいない時に安心して相談することができます。 業界最安値の15,750円~なので、費用的な不安も最小に抑えることができるのと全国出張・全国対応なので、どこに住んでいても安心!
相談・お見積りは何度でも無料なので安心して相談することができます。

総合探偵社TSの口コミ・感想の口コミ・感想

★★★★☆ 4.0
たかとさん
男性、40代、東京在住
前に他の探偵に浮気調査をしたことがあったのですが、その時は費用だけ高く、結果も特に有効なものがあがってきませんでした。今回は、総合探偵TSさんに依頼したのですが、しっかりと結果が出た上に、前に頼んだ探偵より安い費用だったので、よかったです。
★★★★☆ 4.0
奈多さん
鹿児島在住
旦那が帰ってくるのが遅くて依頼をしました。インターネットでは、だいたい1週間ぐらいでわかると書いていたのですが、実際は3週間です。長いです。なので4にしました。それ以外は特に気になるところはありません。

HAL探偵社(裁判で勝てる・格安探偵)

HAL探偵社
 評価 ★★★★☆ 4.0
 対応エリア  全国対応
 調査実績  調査中
 営業所数  全国11拠点
 料金(参考)  6,000円~/1時間(1人)

全国11支店、成功率99.8%、お客様満足度98.6%ということで、信頼と実績があります。
「浮気診断シュミレーター」「オンライン見積もり」など簡単にシュミレーションができるので、初めてのユーザーにもとても優しいです。
また、相談・お見積りは何度でも無料なので安心して相談することができます。

HAL探偵社(株式会社HAL)の口コミ・感想の口コミ・感想

★★★★★ 5.0 謎解き女子さん 女性、30代、東京在住 初めて電話をかけた時に、女性スタッフが対応してくれ、安心して相談することができた。予約して探偵社に伺うと、イメージした探偵社よりも落ち着いた雰囲気で、清潔感があり、女性が1人で行っても違和感がないほどでほっとしました。
★★★★☆ 4.0 ゆーさん 大阪在住 仕事のスピードが速かったです。一刻も早く特定していただかないと気が気でない日々が続いていたのでとてもありがたく思いました。また、対応も親切だったと思います。私はそもそも、人と関わるのが得意な方ではありませんので、こういったことは萎縮してしまいがちですが、とても親切で気になりませんでした。

 - お役立ち情報, 探偵豆知識